RSS 2.0

東京でサロン開業なら新橋ネイル横丁で! 1階路面でネイルサロンが開業できます♪

2、ネイルサロン開業の形態を考えよう!

『いつかは自分のお店を持ち、独立したい』

そう想い描いている方はきっと多いはず。でも……


立開業と必要な資金

独立開業のためには、どのくらいのお金が必要かご存知ですか?

また、自宅やマンションでサロン開業した場合のデメリットについても考えていきましょう。

舗を借りる
  • 保証金
  • 賃料
  • 内装費
  • 設備費
宅サロン
  • 椅子・テーブル購入
  • 接客スペース確保
  • 自宅住所を公開
  • 生活感が出る
ンションサロン
  • 営業許可が出ないことがある
  • 椅子・テーブル購入
  • 家賃・光熱費

ネイルサロン開業の形態を考える上で出張サロン、自宅サロン、マンションサロン、独立店舗サロンが一般的でした。最近では、シェアサロン、レンタルサロンと時間貸し、週貸し、月貸しとライフスタイルに合わせて利用出来るサロン形態があります。
それぞれメリット、デメリットがありますので、表まとめましたので一般論として参考にしてください。

サロン形態比較表

​​
出張サロン
開業資金 メリット デメリット
20万円以下
  1. 店舗を持たないため開業資金、毎月の運営コストをかなり抑えることが可能。
  2. 家から離れた店舗に通えない人、時間がない人、小さなお子様がいる人などには大変喜ばれる。
  1. 他人を自宅に迎え入れることに警戒心を抱かれ、集客が難しく、信用を築くのに時間がかかる。
  2. お客様の自宅などに出向くため、接客において弱い立場になってしまう。
  3. 移動が伴うため、1日に施術できる人数は限られる。
機材と道具、名刺があれば始められ、手軽ですが、移動の労力とお客様獲得の難易度は高いようです。より多くの予約を取るため、早朝や夜遅くの予約も受け付けている人が多いようです。
 
自宅サロン
開業資金 メリット デメリット
20~50万円
  1. 初期投資やランニングコストの家賃負担がなく、内装も思いのままに工事可能。
  2. サロンと自宅が一体なので通勤時間は0分。空いた時間には、家事ができ、時間の有効活用が可能。
  1. 住宅街は中心地から外れていることが多く、立地条件によっては、お客様獲得が難しい。
  2. 玄関やサロン内部に生活感が出ていると、お客様の気分を害す恐れがある。
  3. 自宅住所を公開しなければならず、プライバシーに関わる問題が生じる。同居家族がいる場合は、家族の協力が不可欠。
小さい子供を持つママにとっては、他のお客様に気を遣うことなく通える貴重な場所です。仕事場が自宅なので、プライベートと仕事の境がなくならないように注意しましょう。
 
マンションサロン
開業資金 メリット デメリット
30~100万円
  1. 商業ビルの一角やテナントを借りるより保証金や家賃が安く、開業時や運営上の負担が軽減される。
  2. マンションという事を利用して、アットホームでくつろげる雰囲気や、お忍びサロン的にプレミアム感を演出できる。
  1. 建物が古い、雰囲気がサロンのイメージと違うなどと、新規のお客様は建物に入ることに抵抗がある。
  2. 看板を出せない等の制限があり、店舗が目立たず、集客・お客様の案内が難しい。
  3. 不特定多数の人の出入りや、音・声などで住居利用者からクレームがくる恐れがある。
  4. 住居用の為、お風呂やキッチンなど、店舗にとっては無駄なスペースが生じる。
マンションで開業する場合、物件を借りるときに商用利用できるか否かの確認をすることが必要です。分譲マンションであっても、管理組合の規定によっては許可されないことがあります。
 
独立店舗サロン
開業資金 メリット デメリット
250~500万円
  1. 専門店としての位置づけを示すことができ、お客様へ安心感と信頼感を与えることができる。
  2. サロンが目に留まりやすく、飛び込みのお客様を得られる。
  3. 個室仕様で高めの価格設定や、内装で、高級感を演出するなど自由な店舗づくりができる。
  1. 必要資金が最も多く、一定の売上が長期的に見込めるようにならなければ、負債を抱えてしまう可能性。
  2. 保証金、内装費、諸経費や毎月のテナント料がかかるので、資金の準備を事前に確保しなければならない。貯蓄を切り崩したり、融資をうけたりするなど、リスクが大きくなるこ可能性。
30万円の店舗を借りた場合、保証金や、仲介手数料、初月の家賃の支払いで、ざっと計算しても240万円は最初に必要になります。改装や設備費用を考えると、売上があがるのは何カ月か先になるでしょう。
 
レンタルサロン
開業資金 メリット デメリット
15~20万円
  1. 施設と共同の集客活動ができ、施設側の営業をサポートを利用することができる。
  2. リスクを抑え、少額のイニシャルコストで運営が可能。
  3. サロン専門での貸出なので、お客様へ安心感と信頼感を与えることができる。
  1. 施設の諸条件に従うことが必要。契約期間が決められていたり、運営や解約の条件が厳しいことがあったりするので事前に契約内容の確認が必要
レンタルサロンを使いながら顧客と開業資金を着実に増やしていくことが可能です。ネイル横丁なら友人と共同でのサロン開業が可能! お互いの得意分野を活かして幅広く集客でき、開業リスクを2人で分担できます。

レンタルサロン『ネイル横丁』がサロン開業を応援します!

ンションサロン・店舗サロンでネイルサロンを開業する場合

  1. 不動産会社を選択
  2. WEBで検索してお部屋を選び不動産会社へ連絡。 出店したいエリアの不動産会社に依頼。
  3. マンション、店舗がサロン出店OKか確認
  4. マンションの場合、営業NGもあるため、不動産会社からオーナーに確認。
  5. マンション・店舗申込み
  6. 契約金支払
  7. 契約金として、不動産仲介手数料(通常1カ月分)、
    保証金(敷金)、礼金、保証料(保証会社)通常必要
  8. 契約

ンタルサロンでネイルサロンを開業する場合​

  1. WEBで検索
  2. WEBで検索してレンタルサロンへ問合せ。
  3. 現地を内見、
  4. アクセス、設備、条件などを確認。
  5. 申込み
  6. 契約金支払
  7. 入会金・事務手数料がかかる場合有り
  8. 契約

サロン開業資金は、どのくらいの規模でどんなサロンにしたいかにもよりますが、商売の基本は「小さく始めてコツコツと」です。

最初は、小さなレンタルスペースから始めて、少しずつ規模を拡大していくのが良いと思います。

 

開業スタイルを決めたら、次は"事業計画"を作成ましょう!

ページ最上部へ