RSS 2.0

事業計画(開業計画)の作成 テンプレートのダウンロード可能!

3、事業計画を作ってみよう。

日本政策金融公庫の創業計画書に基づき、簡易的なネイルサロン開業計画書を作りましょう。

6W2Hで考えることで、開業計画書もスムーズに作成できると思います。

開業資金の借り入れをお考えの方には、開業計画を作成することで様々な金融機関の申込書にも対応できるでしょう。

ネイルサロンの開業計画書を作成しよう

事業計画
(1)起業の動機、目的 なぜ?ネイルサロンを開業しようと思ったのか?どういったサロンにしたいのか。
(2)ネイリスト経験 ネイルサロンでの勤務経験は? その他の社会人経験は? 資格は何級?
関係する資格があれば記入する。
(3)サービスの内容 どういったサービスを扱うの?価格帯は?
(4)ストロングポイント あなたのサロンの強みは?あなたの競合他社よりも優れている点は?
(5)顧客ターゲット層 ターゲットとしている顧客層は?年齢、職業など。
(6)販売先 顧客層は?支払い方法は?
(7)仕入れ先 商材などの仕入れ先。支払い条件は?仕入れ先のシェアは?仕入れ先が複数あるのか?
(8)設備資金 サロンの開業資金。保証金、契約金、備品の購入資金など。
(9)運転資金 家賃、消耗品購入資金、人件費など。
(10)従業員 従業員(パート、アルバイト)を雇用するのか?
(11)売上高 開業当初の売上予想。軌道に乗ったと思われる売上予想。開業してから何か月目で軌道に乗るのか。
(12)売上原価 商材の仕入れ原価。
(13)人件費 あなたの給与とパート、アルバイトを雇うならその人件費。
(14)家賃 マンションサロンとして借りるならその家賃。
自宅で行う場合、サロンとして使う面積の按分家賃(契約書作成必要)
(15)支払い利息 借入して行う場合
(16)その他 広告費、交通費、通信費、消耗品、雑費など。
(17)利益 売上から仕入れ原価を引き、そこから経費を引いたのが税引前利益になります。
実際は利益から税金から引かれますので、残ったのが実際の利益になります。

事業計画を作成することで数字、文章になった考えを客観的にみることが出来ます。友人、知人の方に見てもらい計画の実現性などをチェックしてもらい、フラッシュアップするのも良いと思います。


事業計画を作成したら、営業戦略・宣伝方法次はを考えましょう!
ページ最上部へ